毛管浄化システム株式会社

二イミシステム
 公営住宅や学校等で設置する浄化槽や、農業集落排水処理施設は建築基準法によって衛生場支障のない構造の汚水処理施設を設置することが義務づけられています。
 構造基準によって詳細な基準が決められており、そこに掲載されていない処理方式は特別な浄化槽として国土交通省大臣の認定を受けることが必要となっています。

 ニイミシステムは、土壌被覆することにより特別な浄化槽となり51人から4,000人規模まで国土交通省大臣の認定を取得しています。 
ニイミシステムを農業集落排水事業に組み合せる場合の利点
処理場用地の確保が容易 土壌被覆型によって公園緑地となるため、景観がよく住民の同意が得られやすい
処理水質の確保が容易 沈殿分離型接触ばっ気方式で維持管理が容易 スクリーンのし渣の処理を含めて作業が容易
受益者負担金を安くできる ニイミシステムは、機械の少ない単純な構造のため建設金額が安くなり、受益者負担金が安くなる
下水道料金を安くできる 荒目スクリーンの対応と土壌被覆型の脱臭装置のため、維持管理が容易で維持管理費が安くなる


ニイミシステム20(50〜4,000人)のフローシート
ニイミシステム20のフローシート
(クリックでPDFが開きます))

毛管浄化システム株式会社
〒173-0026 東京都板橋区中丸町11-2ワコーレ要町ビル11階/TEL.03-59952849 FAX.03-59952879